雑貨の製作販売は就労継続支援B型事業をしているアトリエSUYOのメンバーが福祉ネイリストになったことから始まりました。
「ネイリストに憧れてたけど自分はなれないと思っていた。けど福祉ネイリストなら!」と受講してくれる障害をもつメンバーが増えてきました。その指導の中で、かなり長い時間をかけ資格を取っても、お客さんがいると緊張しすぎてしまう、集中が長時間続かず大勢には出来ない、施術に時間がかかりすぎる、一人で仕事に行くのが難しいなどの問題に気付き、彼女たちのアートを活かす方法としてネイルチップの作成を始めました。
また、彼女たちの織っているさをり織という布がとても可愛いのに販売できていないと聞き、ネイルのお客様が喜ぶようなものを作れないかと始めたのがさをりのアクセサリーです。
一部の作品ですがミンネにて販売も行なっておりますので、下記のボタンよりご覧ください。